最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明日から3日間がんばってください! | トップページ | 新年度はじまりました!! »

学生説明会

みなさんこんにちは 八尾徳洲会内科のmetabolic Timです。

過日開催された宮崎大学と浜松医科大学の学生説明会に参加しました。

現実逃避、との声を背中に浴びながら、先ずは宮崎へ。


あいにくの悪天候で、飛行機嫌いのTimはフラフラになりながら会場入り。

昨年も宮崎大学の説明会に参加させてもらったのですが、その時に病院紹介の発表時間を
大幅に超えてしまったため、主催者からは「Tim先生、今日は3分を守っていただきますからね!」と
厳しい言葉を頂いてしまいました。

いつも病院紹介のときは、どうやって知名度の低い八尾の名前を売り込むか、必死になって
考えているのですが、今回はさらに時間の制約も厳しくなり、頭は真っ白状態でした。

何とか3分をチョッと越えるくらいで発表を終え、懇親会へ。今年は昨年よりも若い方が多く、
皆さんとお話したいと思っていたのですが、口下手で(大阪人としては)押しの弱いTimなので、
なかなか皆さんとお話しすることはできませんでした。お話させていただいた方も、そうでない方も
ぜひ八尾に遊びに来てください。

そして、翌日は宮崎から羽田空港⇒東京駅⇒浜松へ

東京のあたりは天候不良と聞いていたので、昨日につづいて飛行機嫌いのTimはblueに・・・。
実際に飛行機に乗ってみると予想よりははるかにましで、空港に着くとホッとしたのですが、
夕方のニュースで、成田空港でたくさんの方が怪我をされたと聞き、ホントにびっくりしました。

東京からは新幹線で浜松へ。いつもは駅弁大好きのTimですが、飛行機に揺られた為か
食欲がなく、浜松まで流れる車窓を眺めていました。
浜松に行くのは今回が初めてで、危うく迷子になるところでした。

浜松での説明会でもやはり、「八尾は必ず3分を守ってください!」と釘を刺されてしまいました。
いつも、他の病院とは違う、面白いことをやりたいなぁと思っているのですが、
湘南厚木病院 長瀬先生の「うなぎパイ」と『どじょうパイ』の話には、完敗しました。
そんなに面白い話をされては、太刀打ちできないなぁという口惜しさをかみ締めながら
頑張って八尾病院の宣伝をしました。

浜松医科大学の方も、皆さん熱心で、色々お話しすることができてほんとに良かったと思います。
「八尾の発表はおもしろかったですよ」と学生の方に言ってもらえて、うれしかったです。
でも、本当はおもしろい話をする為ではなく、八尾を見に来てもらう為に話をしているので、
Timはまだまだ未熟者です。

学生説明会に来てくださった、宮崎大学の方、浜松医科大学の方、本当にありがとうございました。

機会があれば、是非当院に遊びに来てくださいね。

内科のmetabolic Timでした。

« 明日から3日間がんばってください! | トップページ | 新年度はじまりました!! »

徒然」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりであります。いろいろあるでしょうが、現実逃避の旅、久しぶりの幸せの時間を満喫されたことかと思います。
さて私は新天地で働きはじめてから、2日になります。早くも様々なカルチャーショックを受けております。
まずはコメディカルの能力 なんといいますか、八尾のスタッフってほんとによく働いていたんだなーと思います。
少ない医者に最大限の患者を診させるノウハウは、徳洲会の最大の武器であると確信致しました。

またいい意味なのか悪い意味なのか、我が新天地では、救急外来というのは、診断を下す場ではなく病棟に上がる前に、採血をして、家族と自己紹介をする場となっています。なぜならば、看護婦さんが他部署との掛け持ちなので救急外来で許された時間はほとんどないからです。レントゲンやlaboをみて、新たにオーダーを追加することは許されません。
そのため、来院時に出した検査で、診断までもっていく力が求められます。これは臨床力のない私にとっては、大きな試練であり、すでに主訴(腰痛)が病名の患者様を2人も入院させてしまいました。(後日、何とか診断はつけましたが・・)
また電カルがはいっているとはいえ、まだまだ洗練されていない部分が多いです。我が新天地には、御年配な先生も多くおられ、事務員によるシュライバーなるものが存在します。それ以外の先生方のカルテはきわめてシンプルであり、要は、皆様、電カルなるものに、あまり興味をお持ちでないようです。電カル大好き人間の私としては、紹介元を引用して返書をかけない点や、フローシートのバイタルが引用できない、カレンダーで点滴を1日分しかドラックできなかったりその不便さに気づいてもらえない、どころか電カル自体を不便と思われてしまうというダブルショックでこれまた試練となっております。
しかしつらいことばかりではありません。
我が新天地では、内科の入院患者様が総勢約30名ほどしかおられません。これは常勤医師一人当たりに換算すると八尾にいたころの私の受け持ち患者の約5分の1にあたります。これでいいのだろうか、病院経営大丈夫?ぼく給料泥棒?と思う面もありますが、きみはこれを求めていたんじゃないかい。と語りかけるもう一人の自分もいます。
そんなこんなで、ここに来てからほんとに、色々考えてしまう日々です。
ほかにも、救急に対する気持ちの温度差や、各科の垣根の高さ(外科系はopeしない人はみたがらない、腰椎圧迫骨折は内科の病気?)など八尾では味わわなかった様々な気持ちの葛藤があります。

また色々考えることもあると思いますので報告いたします。tim先生をはじめ、八尾の皆様、どうかお体を御自愛いただき頑張ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288370/31984853

この記事へのトラックバック一覧です: 学生説明会:

« 明日から3日間がんばってください! | トップページ | 新年度はじまりました!! »