最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

総内無事?終了

昨年の12月、総合内科研修が始まりました。
チーム制を取り入れ研修医1人とオーベン3人の4人で研修が始まりました。
3人の患者は総勢約50人。
いきなり全員見る羽目に...
最初は戸惑いながらなんとか(相当助けられ)把握し、救急外来と病棟の往復の連続。
その甲斐あってそれまでほとんどなかった自分の引き出しがどんどん増えていきました。
12月に診た患者数はな、な、なんと79人
相当な数です。そら引き出しも増えるわ!!!
手技もかなりあり、研修医が1人だったためほとんどやらせてもらえました。
CV、気管切開、胸水穿刺、骨髄穿刺、胃廔造設等数え切れない程の手技の山。
それなりに上達したと思います。
この間、5つのplayも堪能する事ができました。
1月には研修医の数が4人になったため負担は軽くなりましたが、それでも3チーム体制で約80人の患者を診ました。
この2ヶ月を振り返り、しんどいながらも充実した研修であったと思います。
自分1人で出来る事は限られていますがなんでも聞けるオーベンがいてとても心強かったです。
次の内科研修時にはもっと役立つ研修医として頑張るのでこれからも宜しくお願いしまーす!!!

痛い初体験!!

ついこの間の日曜日、当直明けで昼まで指導医の先生との回診後帰宅し、夕方に友人の出産祝いの品を買いに難波に愛車で向かいました。これといって買うものを決めていなかったせいか結局決まらず、最近店員さんと中良くなった店の前に車をとめ、1時間くらいうだうだと話をして帰ろうとていました。
店をでると約1ヶ月ぶり洗車をしたためか店員さんに「ピカピカですね~」といわれ、「そうでしょ~」と話しながらドアを開けると、後部座席になにやらきらきらしたものがいっぱい落ちていました。よくみると、ガラスの破片!!そのままドアに目をやるとなんと後部座席のガラスがない!!これをまた良く見てみるとガラスがないのではなく割れています!!なんと、店から車が見える位置にあったのにもかかわらす車上荒らしにあってしまったのです!!幸いとられたものは貴重品はなく医学書と資料ばかり(ある意味貴重品ですが・・・)入った鞄のみでしたが、せっかく洗車してピカピカにみえた車は実は車上荒らしにあっていてボクはドアを開けるまでまったく気付かずに店内で話していました。今まで回りの人が何人もあっているのを横目にみていて、それなりには注意していただけにこの初体験は痛かった・・・・・・皆さんもご用心を!!                       外科研修医 でこっぱな

総合内科

総合内科について紹介します。

総合内科は内科系疾患のうち、呼吸器、循環器、消化器疾患を除くすべて、またどの科のカテゴリーにも属さない疾患すべてを担当します。プライマリーケアからICUまでをモットーにまさに「何でもみる科」を目指してがんばっています。

研修医の先生には、基本的な手技(CVライン確保から気管切開まで)を中心に、さまざまな疾患を担当していただき、内科のみならずすべての科に通ずる基本を学んでいただきます。そして、チームで行動することにより、医師以前の社会人としての基本を学んでいただきます。研修医には5つの「play」!?がありますが後日また報告致します。

S内 holy

東京研修

ここは大阪、私の田舎と比べかなりの都会。
でもこの前研修という名で大都会Tokyoへ行って来た。
人生で3回目の新幹線に乗り、地下鉄のホームを出ると雲にも架かりそうな巨大な新都庁が私を出迎えてくれた。
初日の研修を無事に終え、いざホテルへ帰る途中、コンビ二で私はすばらしい本に目を奪われた。
そこには田舎では見たこともないようなご婦人たちがいっぱい。
なんと、電話番号まで!!!

寂しがり屋の私、大都会Tokyoの夜、一人ぼっちのホテル。

ぬくもりが欲しかった私は気が付けば・・・

次の日、研修が滞りなく終了し、意気揚々とその本をおみやげに、みんなに夢を見せるため帰ってきましたとさ。

認定医

3年生のTimです。
内科認定医の症例提出期限が徐々に近づきつつあり、合間を見てはチョコチョコまとめているのですが、自分が経験した症例を、このような形でまとめるのはいい勉強になります。治療しているときは、これがbest choiceだと思って治療していたのが、振り返ると、keyになる検査を飛ばしていたり、ちょっとstandardな流れと異なっていたり、反省することが多々ありました。症例をまとめさせることで、内科学会は僕らに勉強しろよ、といっているのかなぁ、なんて考えています。

うちの病院は電子カルテなので、過去の経験症例の検索がclickひとつで出来るのでずいぶんとらくです。3年間で結構な数をみてます(数えると入院450人くらいでした、ER経験症例は数えられないほど)。でも、上級医の先生の中には、年間500人の入院症例を見ておられる方もいて、とてもかなわないなぁ・・・、と思います。

今日は土曜日で当直明け、回診を済ませたら、ゆっくり昼寝でもしようかな(ムリ!)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »